ホーム > 音楽ファイルの拡張子

知っていると便利な音楽ファイルの拡張子♪

私も数年前は、好みのアーチストの音楽CDを、 PCに搭載しているサウンドプレイヤーで再生して楽しんでいました。 現在は音楽CDからピックアップした曲をmp3ファイルにしてPC内に保存し、 プレイヤーで再生して日常的に聴いています。CDは私の宝物です♪
.....と、そういったこととは話を異にして・・・今は、 音楽はインターネットでダウンロード購入できる時代になっています。 ダウンロード購入できる「音楽ファイル」は、 ファイル形式によってついている拡張子がそれぞれ違うので、 プレイヤーによっては、再生出来ない拡張子の音楽ファイルがあることをご存知でしょうか? ここでは、知っておいた方がよいですよ、という音楽ファイルのファイル形式〔拡張子)について少し触れます。

拡張子ってなに?

ファイル名のうち、ピリオドで区切られた右側の文字列部分を「拡張子」といいます。 拡張子は通常 3文字以内、ないしは4文字[html][jpeg] などが使われていて、 その拡張子の名称によって、 そのファイルがどんな性質のファイルなのかが判断できるようになっています。 拡張子といわれても何が何だかさっぱり・・・。という方も多分[mp3]と聞くと、 「あ!見聞きしたことがある!」と言われるかと思います。
拡張子の中で、多分最も知名度が高いのは「MP3」でしょう。 そう、[.mp3]は音楽ファイルにつく拡張子なのですね。
[.mp3]の音楽ファイルを再生するプレイヤーソフトは、 パソコンソフトのプレイヤーのほとんどのものが再生が可能です。 ポータブルなものでは、皆さんよくご存知のApple社の「ipod」を筆頭に、 あらゆるファイル形式の音楽が再生可能な製品や、曲数が数千曲も入ってしまう容量の物など、 沢山の製品が販売されていて、好みや予算で選び放題! ついこの間まで友達とLPの貸し借りをしていた(あ、歳がばれます...(ノ_-;)ハア… つい、つい、ついこの間までCDプレイヤーを持ち歩いていたというのに・・・ 今は音楽ファイルのお陰で、数百、 それどころが数千曲が手の平にすっぽり隠れるサイズなのですものね。
話が少しそれましたが、拡張子については管理人の別サイト「switch」の こちらに説明していますので宜しかったらご参考に。

拡張子を表示させる

「拡張子なんて、見当たりませんが・・・」とおっしゃる方も多いのです。それもそう、 Windowsでは、フォルダオプションの初期設定で[ 登録されているファイルの拡張子は 表示しない ]という項目にチェックが入っているのです。初期設定のままでPCを利用されている 方は、拡張子が表示されていなくて当然なのです。たとえWindowsが初期設定で拡張子を表示させ ない設定をしていても、実際は、どんな性質のファイルなのかを判別するために、拡張子を表示さ せておくことは必要です。ネットで音楽をダウンロード購入をする前に、 パソコンの[ 登録されているファイルの拡張子は表示しない ]の設定項目のチェックを外し、 全ての拡張子を表示させておきましょう。
拡張子を表示させる方法は こちらをご参考に。
※ Windowsが初期設定で拡張子を表示させていない理由は、パソコンのシステムを動かしている ファイルの拡張子などを誤って変えることがないようにする為です。Windowsのフォルダ内の大 事な「***.exe」「***.dll」などの拡張子を変えたらパソコンが動かなくなったりするので、 それを防ぐためです。拡張子を表示させる事をお勧めしていますが、拡張子はむやみに変更しな いようにしましょう。

主な音楽ファイルの拡張子

WAVEファイル[.wav]
Windows起動音などにも使われているWindowsの標準の音声ファイル形式です。音声信号を デジタルデータに変換したものを記録するための保存形式で無圧縮なのでサイズは大きいです。
MP3ファイル[.mp3]
MPEG Audio Player3の略。 MPEG1 Layer-3 形式で圧縮されたサウンドファイル形式につく 拡張子で、無圧縮の「.wav」 に比べ、サイズがとても小さくなる音楽ファイルです。 人間が聞き取れない音をカットするという圧縮の仕組みで、CDと聞き比べても、ほとんど 差を感じることない音質で音を楽しめます。「音楽ファイル」の代名詞になっているほど  知名度は高いですね。
WMAファイル[.wma]
Windows Media Audioの略。Microsoft社の音声圧縮フォーマットで圧縮された音楽ファイル です。音楽ファイルの配信に一番多く利用されています。同じ圧縮ファイルのMP3よりサイズ も小さく高音質であると言われています。 Windows Media player で簡単に作成できます。
AACファイル[.aac/.m4a/.mp4]
Advanced Audio Codingの略。MPEG2、MPEG4で使用される音声フォーマットの一つで同音質の MP3(MPEG-1)より1.4倍ほど圧縮率が高いといわれています。AACファイルを作成するツールに よってファイル形式、拡張子、互換性が異なるので、注意が必要です。
ATRAC3ファイル[.aa3/.omg/.oma]
ソニーが開発した音声圧縮技術。メモリースティックウォークマンやMDLP、音楽配信のファイル としても使われています。ソニー社のATRAC技術を改良したもので、圧縮後のデータ量は、 圧縮率によって4分の1から20分の1程度になります。ATRAC3はMP3と違って、扱いが多少難しく、 OpenMGという著作権保護システムがセットとなっているため、エンコードしたファイルを そのまま自由にコピーしたりすることができません。ATRAC3ファイルの本来の拡張子は 〔.aa3〕とされていますが、OpenMGで暗号化した場合は〔.omg〕もしくは〔.oma〕となります。
PlayListファイル[.m3u]
単純にファイル名を並べただけのシンプルなプレイリスト。中身はテキストファイルで、 プレイリストに記載されたファイルの再生をします。一般的なオーディオプレイヤーなら、 たいていはこのファイルに対応しています。
PlayListファイル[.pls]
MP3のプレイリストのファイル。特殊な書式で記述されたプレイリストファイル (テキストファイルです)、 m3u形式のファイルに曲数情報が付加されたものです。 「Winamp」や「RealPlayer」などが対応。
MIDIファイル[.midi]
形式が少し違うものにMIDIファイルがあります。 MIDIはパソコンに組み込まれた音源を演奏 する演奏データファイル形式です。ホームページのBGMによく使われていますね。 このMIDIデータは、サウンドファイルと違って、音そのもののデータが含まれているのでは ないので、データファイルの容量は小さいです。

《Windows Media playerで作成した[.wma]ファイルを[.mp3]にする方法》
変換するためのソフトは色々ありますが、管理人がお勧めするのはapple社の 「ipod」とシンクしている「itunes」です。 「itunes」のエンコード設定をMP3にするだけで、簡単に変換できます。 設定はiTunes の「編集」→「設定」→「詳細」→「インポート」タブから 「インポート方法」をmp3エンコーダにして「OK」。 そして、ファイルからmp3に変換したいwmaのファイルを(フォルダごとも可)選択すると、 [mp3にしてからライブラリーにインポートします] という確認のダイアログがでます。 OKすると自動的にmp3に変換してitunesのライブラリーに追加してくれます。お試しあれ♪ヽ(´▽`)/ (ちなみに、itunesのデフォルトエンコードはAACです。 設定も何もせずにCDを入れてエンコードすると[.aac]ファイルとなります。)
管理人の別サイトで、時々目にする拡張子 の説明をしています。 お時間が許すようでしたら、どうぞ出掛けてみて下さい。(´▽`) ⇒ switch - ちょっとお役立ち



 お願い  小さな扉のネットでmusic♪

 
Copyright © tonto.☆ All rights reserved